遊戯王トレカ「シルバーファング/SilverFang」の高価買取り情報はコチラ

遊戯王トレカ「シルバーファング/SilverFang」の高価買取はこちら!!

 

遊戯王トレーディングカード高価買取りなら

 

この方法がおすすめ!!

 

 

 

 

遊戯王トレカ「シルバーファング/SilverFang」を高く売る方法!!はコチラをクリック

 

 

遊戯王トレカ「シルバーファング/SilverFang」の高価買取り情報はコチラ

 

 

 

シルバーファング/SilverFangの特徴

 

 

「シルバーファング/Silver Fang」
通常モンスター
星3/地属性/獣族/攻1200/守 800
フレーバーテキストは『白銀に輝くオオカミ。見た目は美しいが、性格は凶暴。』

 

Vol.1で登場した地属性・獣族の下級モンスター。レベル3以下の獣族・通常モンスターの中では基本ステータスが高い。同条件のモンスターでは『隻眼のホワイトタイガー』が最高の攻撃力を持つが、『シルバー・フォング』はその次に高い攻撃力を持つ。 『フラワー・ウルフ』の融合素材となる。 この為、『融合準備』でデッキからサーチ出来る。
また、『フラワー・ウルフ』は『簡易融合』の発動条件(レベル5以下の融合モンスター1体を特殊召喚)に対応する。これらの要素を活かしてデッキを構築するのはやや難度が高いが、デッキに採用する際はこれらの点を活用すると面白い。【ローレベル】デッキの場合、『ゾンビキャリア』と共に採用すれば『氷結のフィッツジェラルド』のシンクロ召還が可能。前述のとおり低レベルの割に攻撃力が高めなので、単純戦力としても頼もしい。獣族中心の【ローレベル】を組む場合、『キーマウス』も採用すればデッキからサーチできる。Vol.1発売当時、下級モンスターでは『サイクロプス』や『マンモスの墓場』と共に最高の攻撃力を持っていた。しかし当時のルールでは”生贄召還”がなく、高レベルモンスターをノーコストで召還出来るという今では考えられない仕様だった為、活躍出来なかった。原作に登場している為、獣族モンスターの中では知名度が高い。原作『遊戯王』では「闇遊戯vsペガサス」戦で闇遊戯が使用。 さらに「遊戯vs闇遊戯」の決戦前夜、デッキ編成時にテーブルに置かれたカードの中にもあった。英語名も日本語版と同じだが、「狼などの牙」という意味の「Fang」は普通「”ファ”ング」と発音する。しかし日本語版におけるカード名はあくまで「フォング」となっている。誤植か固有名かは不明。