遊戯王トレカ「死者の腕」の高価買取り情報はコチラ

遊戯王トレカ「死者の腕」の高価買取はこちら!!

 

遊戯王トレーディングカード高価買取りなら

 

この方法がおすすめ!!

 

 

 

 

遊戯王トレカ「死者の腕」を高く売る方法!!はコチラをクリック

 

 

遊戯王トレカ「死者の腕」の高価買取り情報はコチラ

 

 

 

死者の腕の特徴

 

通常モンスター
星2/闇属性/アンデット族/攻 600/守 600
混沌の沼から腕をのばし、生ける者を中へと引きずり込む。

 

 

遊戯王カード初期によく見られるタイプのモンスターである。初期は手・足のみのモンスターや、一つ目など、キワモノ系のモンスターが非常に多い。『死者の腕』もその例に漏れず、禍々しい雰囲気を放っている。ただし下級モンスターである為、戦力としては期待出来ない。単純にステータス面だけ見ても『さまよえる亡者』の下位互換である。やはり手だけのヤツより、(たとえ骸骨でも)全身が残っているヤツの方が強いのだろうか。OCGでは通常モンスターだが、コナミ発売のゲーム作品『DM』シリーズにおいては効果を持っている。効果モンスターが登場した『DM3』では「自身を生け贄に捧げる事で相手フィールド上の最も攻撃力の高いモンスター1体を破壊する」という効果が発動出来る。また『真DM2』では、「戦闘破壊された時に相手モンスターを破壊する」という効果を持っている。どちらもフレーバーテキストに沿った効果である。必要なコストも”カード1枚(死者の腕そのもの)のみ”で強力な効果を発揮できる。さらに当時のDMには”デッキレベル・デッキキャパシティ”というシステムがあった。この為、強力なカードでデッキを固めるという事が出来なかった。ところが『死者の腕』は下級モンスターであるゆえにコストも軽く、序盤から終盤まで活用できる超重要カードであった。モンスター除去の手段が少ない時代だった事もあり、ほとんど必須カードのような存在だった。このようにゲーム内では強力だが、OCGではそのような効果は無いので、引きずり込める相手はそうそういない。