遊戯王トレカ高価買取り情報はコチラ「ララ・ライウーン」

遊戯王トレカ「ララ・ライウーン」の高価買取はこちら!!

 

遊戯王トレーディングカード高価買取りなら

 

この方法がおすすめ!!

 

 

 

 

遊戯王トレカ「ララ・ライウーン」を高く売る方法!!はコチラをクリック

 

 

遊戯王トレカ高価買取り情報はコチラ「ララ・ライウーン」

 

 

 

ララ・ライウーンの特徴

 

 

 

 

ララ・ライウーン
通常モンスター
星2/風属性/雷族/攻 600/守 600
フレーバーテキスト:『電気を帯びた雲形のモンスター。 何でも溶かす危険な雨を降らせる。』

 

○カード概要
Vol.1で登場した風属性・雷族の下級モンスター。同時期に収録された【サンダー・キッズ】とは、レベル・属性・種族・守備力が同じで、攻撃力は100低い。つまり初登場の時点で完全な下位互換であり、独自の利点を持っていなかった事になる。さらにそのサンダー・キッズも【メガ・サンダーボール】の下位互換であり、これを踏まえるとララ・ライウーンは「下位互換の下位互換」という事になってしまう。なんという不遇なモンスターだろう。

 

 

○酸の雨を降らせる?
風属性モンスターだが、フレイバー・テキストには「雨を降らせる」としか書いておらず、「風」の要素はどこにもない。これはもちろん天候から風属性が連想された為。今でこそ光属性が多くなった雷族だが、第1期の頃は雷族・風属性が多かった。ゲーム作品『真DM2』では「表側守備表示の間、全ての機械族を500ポイント弱体化させる」という効果を持つ。「何でも溶かす危険な雨」から”酸の雨”を連想したと思われるが、【酸の嵐】のような威力までには至らない。

 

 

○「危険な雨」が「ただの雨」に負けるのか?
色違いモンスターに【スコール】がおり、こちらは攻撃力1550とアタッカーとしてもそれなりに使えるステータス。フレーバーテキストには『バケツをひっくり返したような大雨を降らす。』とあるが、ララ・ライウーンの何でも溶かす雨と違い、こちらはただの雨、つまり水である。それでこの攻撃力はすごい。いくら強烈なスコールとはいえ、ただの水に負けてしまうとは……。ララ・ライウーンの立場が無い。