MTG(マジックザギャザリング)高価買取!【輝く光輪 Brilliant Halo】

MTG(マジックザギャザリング)【輝く光輪 Brilliant Halo】の高価買取してもらう方法なら

 

MTG(マジックザギャザリング)高価買取!【輝く光輪 Brilliant Halo】

 

MTG(マジックザギャザリング)【輝く光輪 Brilliant Halo】の高価買取を希望しているならこのショップをおすすめします

 

 

トレーディングカード

「MTG(マジック ザ ギャザリング)」の
高価買取ショップはコチラをクリック

 

 

MTG(マジックザギャザリング)【輝く光輪 Brilliant Halo】の特徴

 

【『輝く光輪 Brilliant Halo』】 (1)(白)
エンチャント ? オーラ(Aura)
エンチャント(クリーチャー)
エンチャントされているクリーチャーは+1/+2の修整を受ける。
輝く光輪が戦場からいずれかの墓地に置かれたとき、輝く光輪をオーナーの手札に戻す。
フレーバーテキスト:無し

 

効果は『聖なる力/Holy Strength』と同等のものだが、『輝く光輪/Brilliant Halo』は「墓地に置かれたときオーナーの手札に戻る」というエターナルエンチャント(墓地からの再利用が可能なカードの総称)の性質を持つ。もともとオーラというタイプのカードは、効果を付加したカードが破壊されるなどして場から離れると、そのオーラも墓地に送られてしまう。この弱点を無くそうとして作られたカードタイプが”エターナルエンチャント”である。こういった背景からも、実質的には『聖なる力』の上位互換であるという事が読み取れる。マナ・コストが2の軽量クリーチャー(ウィニー)であり、軽量クリーチャーを主体としたビートダウンデッキに採用出来るが、効果があまり有用で無い為、使われる事は少なかった。しかし白いエターナルエンチャントという特徴を持っていたので、緑・白を中心としたエンチャントレス系コンボデッキ(エンチャント呪文を唱えるたびにカードを引く」能力を持った女魔術師(エンチャントレス)を中心に据え、ドローを繰り返すコンボ系デッキ。”オーランカー”と呼ばれる)で仕様された。