遊戯王やMTG(マジックザギャザリング)のトレーディングカードを高く売るには???

MTG(マジックザギャザリング)【Mishra's Workshop「ATQ」】の高価買取してもらう方法なら

 

MTG(マジックザギャザリング)【Mishra's Workshop「ATQ」】の高価買取

 

 

MTG(マジックザギャザリング)【Mishra’s Workshop「ATQ」】の高価買取を希望しているならこのショップをおすすめします

 

 

トレーディングカード

「MTG(マジック ザ ギャザリング)」の
高価買取ショップはコチラをクリック

 

 

MTG(マジックザギャザリング)【Mishra’s Workshop「ATQ」】の特徴

MTG(マジックザギャザリング)のMishra’s Workshop「ATQ」は魔力を持った呪文カード専用の3マナを手に入れることができる土地のカード。今となっては古くなりつつあるルール上でのかなりのステータスを持ったカードの一つであり、使うタイミングがシビアになりがちな魔力を使えるカードを遣い、スペルを最速で唱える為にはどうしても手持ちにおきたいカードです。使用の仕方に制限があり癖がかなりあるカードではありますが、MTG(マジックザギャザリング)のMishra’s Workshop「ATQ」の為だけに特化したMishra’s Workshop「ATQ」専用のデッキではプレイヤーのスキルを問わずその力を最大限活用できるものすごい力を持ったカードです。
登場したばかりの頃はMishra’s Workshop「ATQ」を有効活用できる程強い凶悪なスペルがなかった為それほど効果があるカードではななかったですが、高性能アーティファクトである・隔離するタイタン/Sundering Titan ・精神隷属器/Mindslaverが多く含まれたk開く超セットであるミラディン・ブロックが出てきた事で、一気にスターダムにのし上がりライバルたちを震えあがらせる事できる最凶クラスになりました。デッキフォーマットのヴィンテージにおいて3大勢力の一つとして評価された事もあるカードです。MTG(マジックザギャザリング)のMishra’s Workshop「ATQ」は今のヴィンテージ環境では1994年6月13日から数ある中での制限カードの一枚になっていましたが、1997年10月1日に一旦制限カードから解除もされていますが、現在のレガシーではType1.5へのバージョンアップでの再編により2004年9月20日に再び禁止カードに指定されています。