MTG(マジックザギャザリング)高価買取【天使の従者/Angelic Page】

MTG(マジックザギャザリング)【天使の従者/Angelic Page】の高価買取してもらう方法なら

 

MTG(マジックザギャザリング)高価買取【天使の従者/Angelic Page】

 

MTG(マジックザギャザリング)【天使の従者/Angelic Page】の高価買取を希望しているならこのショップをおすすめします

 

 

トレーディングカード

「MTG(マジック ザ ギャザリング)」の
高価買取ショップはコチラをクリック

 

 

MTG(マジックザギャザリング)【天使の従者/Angelic Page】の特徴

 

『天使の従者/Angelic Page』

 

Angelic Page / 天使の従者 (1)(白)
クリーチャー ? 天使(Angel) スピリット(Spirit)
飛行
(T):攻撃しているクリーチャーかブロックしているクリーチャー1体を対象とする。それはターン終了時まで+1/+1の修整を受ける。
1/1

 

フレーバーテキスト:『伝言がすべてそれを運んでくる使者と同じくらいに完璧なものであったらなぁ。』戦闘に参加しているクリーチャーのパワー、タフネスをパンプアップ(強化)させる。この効果は自分にも適用されるので、ブロック時に自分自信に能力を使えば2/2になる。名前やイラストから察するに天使だと思われる。しかし、当時は「天使は大型クリーチャー」という制作上の制約があった為、クリーチャー・タイプはスピリットとされた。なお、現在でも『まばゆい天使/Blinding Angel』などの一部の例外はあるものの、基本的に天使は「3/3以上で飛行を持つ大型クリーチャー」と決められている。また、カード名はあくまでも「天使の従者」であり、このカード自身が天使であると明言されているわけではない。マジック・ザ・ギャザリングにおける”スピリット”とは、「精霊や実体の無い霊体、天使的なものから悪魔的なものまで多岐に渡る」という定義である。この事から、必ずしも天使の一種ではないと分かる。第7版以降のイラストもスピリットらしいデザインである。天使に仕える者が必ず天使であるという訳でもない。よって天使でなくても妥当ではある。しかし、2007年にクリーチャータイプが大幅に更新され、天使のサブタイプを獲得。ながらく正体のはっきりしない存在だったが、ようやく天使であると認められた。似た能力を持つカードに『幽霊の管理人/Ghost Warden』がいる。こちらは飛行能力の無い天使の従者であり、戦力としてはいささか心もとない。しかし戦闘時以外にもパンプアップ能力が使えるので、単純なクリーチャー強化ならこちらの方が使い勝手が良い。