MTG(マジックザギャザリング)高価買取【Disciple of Law/法の信奉者】

MTG(マジックザギャザリング)【Disciple of Law / 法の信奉者】の高価買取してもらう方法なら

 

MTG(マジックザギャザリング)高価買取【Disciple of Law/法の信奉者】

 

MTG(マジックザギャザリング)【Disciple of Law / 法の信奉者】の高価買取を希望しているならこのショップをおすすめします

 

 

トレーディングカード

「MTG(マジック ザ ギャザリング)」の
高価買取ショップはコチラをクリック

 

 

MTG(マジックザギャザリング)【Disciple of Law / 法の信奉者】の特徴

 

 

Disciple of Law / 法の信奉者 (1)(白)
クリーチャー ? 人間(Human) クレリック(Cleric)
プロテクション(赤)
サイクリング(2)((2),このカードを捨てる:カードを1枚引く。)
1/2

 

フレーバーテキスト:『教団には教団の戒律がある。』

 

小型クリーチャー。プロテクション(赤)を持っており、プロテクション(黒)を持った『優雅の信奉者/Disciple of Grace』と対になっている。『優雅の信奉者』と同様、パワーが低い事から白ウィニー(白単色で組まれる速攻ビートダウンデッキの総称)に使われる事は少なかったが、サイクリングを持っているので柔軟性は高い。なお、上記2枚と黒の『敵意の信奉者/Disciple of Malice』には”コスト・パワー&スタミナ・プロテクション&サイクリング能力有り”という共通点がある。同時期にパワー・スタミナがほとんど同じな『サルタリーの僧侶/Soltari Priest』と『熱風の滑空者/Thermal Glider』が登場しているが、これらはそれぞれ”シャドー”・”飛行”を持つクリーチャーだった為、影が薄い。『悔悟せる鍛冶屋/Repentant Blacksmith』にサイクリングを加えたクリーチャーであり、実質上位互換である。ただこちらは人間とクレリックの両方のタイプを持っており、それだけ部族効果を受けやすいという側面もある。対の存在である『優雅の信奉者』はオンスロートで再録されたが、こちらは再録されなかった。当時は赤のクリーチャーが中心のゴブリンが猛威を振るっていた。もし再録されていればゴブリンに対抗する手段として大いに活躍できたはずなのだが……。