MTG(マジックザギャザリング)高価買取【Disciple of Grace / 優雅の信奉者】

MTG(マジックザギャザリング)【Disciple of Grace / 優雅の信奉者】の高価買取してもらう方法ならこれ!!

 

MTG(マジックザギャザリング)高価買取【Disciple of Grace / 優雅の信奉者】

 

 

MTG(マジックザギャザリング)【Disciple of Grace / 優雅の信奉者】の高価買取を希望しているならこのショップをおすすめします

 

 

トレーディングカード

「MTG(マジック ザ ギャザリング)」の
高価買取ショップはコチラをクリック

 

 

MTG(マジックザギャザリング)【Disciple of Grace / 優雅の信奉者】の特徴

 

 

Disciple of Grace / 優雅の信奉者 (1)(白)
クリーチャー ? 人間(Human) クレリック(Cleric)
プロテクション(黒)
サイクリング(2)((2),このカードを捨てる:カードを1枚引く。)
1/2

 

フレーバーテキスト:『不安など、彼女にとっては遥か彼方の見知らぬ地のようなものだ。』

 

小型クリーチャー。プロテクション(黒)を持っており、黒の呪文や能力、ダメージの対象にならない。1998年発売の「ウルザズ・サーガ」で登場。同時に登場した『法の信奉者/Disciple of Law』プロテクション(赤)を持っており、『優雅の信奉者』と対になっている。その後、2002年発売の「オンスロート」では、プロテクション(白)を持った黒の『敵意の信奉者/Disciple of Malice』と対になって登場した。パワーが低いため白ウィニー(白単色で組まれる速攻ビートダウンデッキの総称)にはあまり使われなかったが、サイクリングを持っているという利点から柔軟性の高さが評価される。ちなみに”信奉者”とつく上記3枚のカードにはコスト・パワー&スタミナ・プロテクション持ち・サイクリング持ちという共通点がある。「オンスロート」で再録された。オンスロートではコスト1のサイクリング能力を持った土地カードが登場し、サイクリングが大きく発展した。その流れで再録されたものと思われる。上述したようにパワー不足からデッキ採用される事は少ないが、リミテッド(未開封のパックから出てきたカードと任意の枚数の基本土地カードのみを使ってその場でデッキを組んで決戦を行うルール。限定戦とも呼ばれる。)では目立たないながらも活躍している。