MTG(マジックザギャザリング)高価買取【転換 / Turnabout】

MTG(マジックザギャザリング)【転換 / Turnabout】の高価買取してもらう方法なら

 

MTG(マジックザギャザリング)高価買取【転換 / Turnabout】

 

 

 

MTG(マジックザギャザリング)【転換 / Turnabout】の高価買取を希望しているならこのショップをおすすめします

 

トレーディングカード

「MTG(マジック ザ ギャザリング)」の
高価買取ショップはコチラをクリック

 

 

MTG(マジックザギャザリング)【転換 / Turnabout】の特徴

 

転換 / Turnabout
(2)(青)(青)
インスタント
アーティファクトかクリーチャーか土地を選ぶ。プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーがコントロールする選ばれたタイプのアンタップ状態のすべてのパーマネントをタップするか、そのプレイヤーがコントロールする選ばれたタイプのタップ状態のすべてのパーマネントをアンタップする。

 

フレーバーテキスト:『強いエゴを矯正する一番いい方法は、ちょっと失敗することさ。』

 

 

○カード概要
プレイヤー1人のアーティファクトかクリーチャーか土地をタップあるいはアンタップする呪文。
【ぐるぐる / Twiddle】の上位互換と言える。

 

 

○非常に選択肢の多いインスタント
対象に取れるのはアーティファクト・クリーチャー・土地の3種類と多く、自分・相手のどちらのカードにも使える。 4マナで比較的唱えやすいインスタントながら、これ1枚でさまざまな選択が出来る、多機能カードである。 インスタントなので一時的なものだが、ここまで選択肢が多く、かつ全てのカードをタップ・アンタップできるのは相当な強みとなる。

 

 

○あらゆるデッキに投入される
自分または相手のカードをタップ・アンタップする手段として、あらゆるデッキで採用される。 例えば《ハイタイド》や《ダークタイド》では自分の土地をアンタップする為に、《エターナルブルー》では相手のカードをタップさせる為に用いられ、《ズヴィバーゲン》ではマナ・アーティファクトをアンタップする為に使われている。
2005年のローテーション(カードセットの入れ替え)で外される前のエクステンデッドでは、《サイカトグ》のサイドボードに【狡猾な願い / Cunning Wish】対策として採用されていた。